WiMAX2+を販売展開しているプロバイダーの毎月毎月の料金

流行りの格安SIM等とも比較した上で

WiMAXは現実的に料金が割安だと言えるのか?導入メリットや意識すべきポイントを抑えて、流行りの格安SIM等とも比較した上で、「確実に安いのか?」についてレクチャーさせていただきます。

私の方でWiMAXとワイモバイルという2つのモバイルWiFiルーターの速度や一ヶ月の料金などを比較してみましたが、上位機種に関しての下り最大速度以外の大半の項目で、WiMAXの方が秀でていることがはっきりしました。

月毎のデータ使用量制限が設けられていない「ギガ放題」のみならず、WiMAX2+には「通常プラン」というのもあります。このプランの場合ですと、「データ使用量の上限は7GB」と規定されています。

「WiMAX又はWiMAX2+を手に入れるつもりだ」とおっしゃる方に気を付けていただきたいのは、キッチリとプロバイダーを比較しないと、最低2万円位は余分なお金を支払うことになるということです。

Y!モバイルまたはNTTドコモで取り決められている3日間で最高1GBという制限ですが、1GBというとパソコンで映像を視聴すると2時間程で達してしまい、その時点で速度制限が掛かることになります。

当ホームページでは

当ホームページでは、「通信できるエリアが広いモバイルルーターを所有したい!」とおっしゃる方にご覧いただく為に、通信会社一社一社の通信サービスが可能なエリアの広さをランキング形式でご紹介しております。

WiMAX2+を販売展開しているプロバイダーの毎月毎月の料金(2年契約完了日までのキャッシュバックもカウントした全支払い額)を比較した結果を、安いプランを提案しているプロバイダーから順にランキングスタイルでご案内させていただきます。

モバイルルーターならみんな3日間で3GBか1カ月間で7GBの速度制限規定が設けられているのです。ただ無謀な利用の仕方を避ければ、3日間で3GBに到達することは稀ですから、それほど危惧しなくても大丈夫だと思います。

WiMAXは必要経費の合計で見ても、他のルーターと比べて低費用でモバイル通信を行なえます。通信サービスエリア内であれば、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台の通信端末をネットに繋げられるのです。

WiMAXが使えるかどうかは、UQコミュニケーションズが一般公開している「サービスエリアマップ」を確認すれば判断できるはずです。どうしてもはっきりしない時に関しましては、「ピンポイントエリア判定」をやってみれば判定できるでしょう。

私が一押しのプロバイダーは

私が一押しのプロバイダーは、キャッシュバックを4万円弱の金額に設定しているので、モバイルWiFiの月額料金が他社と比較して高額だとしても、「きちんと金額を弾いてみるとこちらの方が安い」ということが無きにしも非ずなのです。

モバイルWiFi業界におきまして、ワイモバイルのポケットWiFiが価格競争を本格化させたと言っても過言じゃありません。ワイモバイルの登場がなかったならば、今現在のモバイルWiFi端末の分野においての価格競争はなかったのではないでしょうか?

モバイルWiFiルーターを選択する場合に、一番気を引き締めて比較すべきだと思われるのがプロバイダーなのです。プロバイダーが違えば、利用することができるWiFiルーターの機種とか料金が全く異なるからです。

WiMAXと言うと、どんな時もキャッシュバックキャンペーンが支持を得ますが、昨今は月額料金が抑えられるキャンペーンも支持されています。

ソフトバンクの通信ブランドであるポケットWiFiに関しては、WiMAXよりは速度的には劣りますが、その独特の周波数のために電波が到達し易く、どこにいようともほとんど接続が可能だということで高評価されています。