WiMAXの速度が遅いと感じたときにはどうすればいい?原因は何か?

WiMAXを利用していて通信速度が遅くなったと感じるようなシーンがあるのではないか?と思います。

そういったときには何が原因でそうなっているのか?そして、どうすればその状況を改善できるのか?について知っておきましょう。

いろいろな原因が考えられるものの、特に代表的な部分について挙げてみました。

WiMAXの通信速度が遅くなったときの原因は?

通信速度の制限がかかってしまっている

これはインターネットを使いすぎているがゆえに起きる原因になります。
WiMAXを使用する際には、契約内容によって速度制限がかかる場合があり、それが原因の1つになっていることがあるのです。

例えば、ギガ放題プランを利用している人の場合、3日間で10GBを超えて使用すると速度制限がかかるということがあります。

この速度制限はいずれ緩和しますが、一時的にそういった措置が行われて、通信速度が遅くなるということがあるのです。
だから、契約内容ごとにそういった点は知っておかないといけないのです。

使用しているエリアが対象外になっている場合

インターネットを使っている場所がWiMAXの対象エリアから外れているということがあるのですが、その場合には通信速度は遅くなります。

普段、こういった部分を意識して使っていない人が多いと思うので、どうしてもカバー範囲から外れてしまうということが起きるわけです。

【参考記事】
WiMAXが繋がらない・圏外になる時の原因と対策方法 | セレクトWiMAX 

WiMAXの通信速度が遅くなった時の対応の仕方

通信速度の制限にかかったときの対処法

これに関しては一時的な措置なので、時間が経てばもとに戻るという意味では何もしないでも構わないという言い方もできなくはないです。

制限を受けるのは数時間の間なので、そこまで困らないという人も多いと思いますし。

ただ、普段からそういった制限にかからないように使用量に気を付けるとか、使用料を考慮して契約するプランを選ぶなども必要になってくるでしょう。

対象エリアから外れてしまったときの対処法

これに関しては対象エリアがどこなのか?を確認して、そこに移動をすることで解決をすることができます。

WiMAXのホームページにアクセスして、ピンポイントエリア判定というサービスを使うと、自分がいる場所が対象エリアの範囲内か?どうかすぐに分かります。

「ピンポイントエリア判定」という入力して検索すれば、すぐにそのページにアクセスできますから、そこから確認をして対処をしていくと良いということになります。