WiMAXの速度が遅いと感じたときにはどうすればいい?原因は何か?

WiMAXを利用していて通信速度が遅くなったと感じるようなシーンがあるのではないか?と思います。

そういったときには何が原因でそうなっているのか?そして、どうすればその状況を改善できるのか?について知っておきましょう。

いろいろな原因が考えられるものの、特に代表的な部分について挙げてみました。

WiMAXの通信速度が遅くなったときの原因は?

通信速度の制限がかかってしまっている

これはインターネットを使いすぎているがゆえに起きる原因になります。
WiMAXを使用する際には、契約内容によって速度制限がかかる場合があり、それが原因の1つになっていることがあるのです。

例えば、ギガ放題プランを利用している人の場合、3日間で10GBを超えて使用すると速度制限がかかるということがあります。

この速度制限はいずれ緩和しますが、一時的にそういった措置が行われて、通信速度が遅くなるということがあるのです。
だから、契約内容ごとにそういった点は知っておかないといけないのです。

使用しているエリアが対象外になっている場合

インターネットを使っている場所がWiMAXの対象エリアから外れているということがあるのですが、その場合には通信速度は遅くなります。

普段、こういった部分を意識して使っていない人が多いと思うので、どうしてもカバー範囲から外れてしまうということが起きるわけです。

【参考記事】
WiMAXが繋がらない・圏外になる時の原因と対策方法 | セレクトWiMAX 

WiMAXの通信速度が遅くなった時の対応の仕方

通信速度の制限にかかったときの対処法

これに関しては一時的な措置なので、時間が経てばもとに戻るという意味では何もしないでも構わないという言い方もできなくはないです。

制限を受けるのは数時間の間なので、そこまで困らないという人も多いと思いますし。

ただ、普段からそういった制限にかからないように使用量に気を付けるとか、使用料を考慮して契約するプランを選ぶなども必要になってくるでしょう。

対象エリアから外れてしまったときの対処法

これに関しては対象エリアがどこなのか?を確認して、そこに移動をすることで解決をすることができます。

WiMAXのホームページにアクセスして、ピンポイントエリア判定というサービスを使うと、自分がいる場所が対象エリアの範囲内か?どうかすぐに分かります。

「ピンポイントエリア判定」という入力して検索すれば、すぐにそのページにアクセスできますから、そこから確認をして対処をしていくと良いということになります。

WiMAX2+を販売展開しているプロバイダーの毎月毎月の料金

流行りの格安SIM等とも比較した上で

WiMAXは現実的に料金が割安だと言えるのか?導入メリットや意識すべきポイントを抑えて、流行りの格安SIM等とも比較した上で、「確実に安いのか?」についてレクチャーさせていただきます。

私の方でWiMAXとワイモバイルという2つのモバイルWiFiルーターの速度や一ヶ月の料金などを比較してみましたが、上位機種に関しての下り最大速度以外の大半の項目で、WiMAXの方が秀でていることがはっきりしました。

月毎のデータ使用量制限が設けられていない「ギガ放題」のみならず、WiMAX2+には「通常プラン」というのもあります。このプランの場合ですと、「データ使用量の上限は7GB」と規定されています。

「WiMAX又はWiMAX2+を手に入れるつもりだ」とおっしゃる方に気を付けていただきたいのは、キッチリとプロバイダーを比較しないと、最低2万円位は余分なお金を支払うことになるということです。

Y!モバイルまたはNTTドコモで取り決められている3日間で最高1GBという制限ですが、1GBというとパソコンで映像を視聴すると2時間程で達してしまい、その時点で速度制限が掛かることになります。

当ホームページでは

当ホームページでは、「通信できるエリアが広いモバイルルーターを所有したい!」とおっしゃる方にご覧いただく為に、通信会社一社一社の通信サービスが可能なエリアの広さをランキング形式でご紹介しております。

WiMAX2+を販売展開しているプロバイダーの毎月毎月の料金(2年契約完了日までのキャッシュバックもカウントした全支払い額)を比較した結果を、安いプランを提案しているプロバイダーから順にランキングスタイルでご案内させていただきます。

モバイルルーターならみんな3日間で3GBか1カ月間で7GBの速度制限規定が設けられているのです。ただ無謀な利用の仕方を避ければ、3日間で3GBに到達することは稀ですから、それほど危惧しなくても大丈夫だと思います。

WiMAXは必要経費の合計で見ても、他のルーターと比べて低費用でモバイル通信を行なえます。通信サービスエリア内であれば、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台の通信端末をネットに繋げられるのです。

WiMAXが使えるかどうかは、UQコミュニケーションズが一般公開している「サービスエリアマップ」を確認すれば判断できるはずです。どうしてもはっきりしない時に関しましては、「ピンポイントエリア判定」をやってみれば判定できるでしょう。

私が一押しのプロバイダーは

私が一押しのプロバイダーは、キャッシュバックを4万円弱の金額に設定しているので、モバイルWiFiの月額料金が他社と比較して高額だとしても、「きちんと金額を弾いてみるとこちらの方が安い」ということが無きにしも非ずなのです。

モバイルWiFi業界におきまして、ワイモバイルのポケットWiFiが価格競争を本格化させたと言っても過言じゃありません。ワイモバイルの登場がなかったならば、今現在のモバイルWiFi端末の分野においての価格競争はなかったのではないでしょうか?

モバイルWiFiルーターを選択する場合に、一番気を引き締めて比較すべきだと思われるのがプロバイダーなのです。プロバイダーが違えば、利用することができるWiFiルーターの機種とか料金が全く異なるからです。

WiMAXと言うと、どんな時もキャッシュバックキャンペーンが支持を得ますが、昨今は月額料金が抑えられるキャンペーンも支持されています。

ソフトバンクの通信ブランドであるポケットWiFiに関しては、WiMAXよりは速度的には劣りますが、その独特の周波数のために電波が到達し易く、どこにいようともほとんど接続が可能だということで高評価されています。

キャッシュバック時期の前に「契約を解約」なんてことになりますと…。

「WiMAXを一番お得に満足いくまで利用したいけど

「WiMAXを一番お得に満足いくまで利用したいけど、どのプロバイダーと契約した方が良いのか迷っている」という方のために、WiMAXを提供しているプロバイダーを比較したスペシャルサイトを開設しましたので、よければ閲覧してみてください。

はっきり言って、LTEを使うことが可能なエリアは狭いですが、エリア外に行くと何もしなくても3G通信に変更されてしまいますから、「圏外で使えない!」みたいなことはないと思ってもらって構いません。

WiMAXの通信提供エリアは、地道に時間を使って拡充されてきたのです。その成果として、現在では街中はもちろん、地下鉄の駅なども不通だということがない水準にまで達しているのです。

WiMAXの通信エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%に達しているのです。東京の23区は当たり前として、全国の県庁所在地などにおいては、ストレスなく通信サービスの提供を受けることができると思っていただいて構わないと断言できます。

数カ月以内にWiMAXを購入するつもりなら、何が何でもギガ放題のWiMAX2+を推奨します。通信速度が速いだけじゃなく、WiMAXの通信サービス可能エリア内でも利用できますので、接続不能ということがほとんどないですね。

今現在提供されている多種多様なモバイルルーターの中で

今現在提供されている多種多様なモバイルルーターの中で、長年の利用経験からおすすめしたいのはどれになるのかを、あまり通信関連は得意な方じゃないという方にも理解していただく為に、ランキング形式でご紹介しようと思います。

WiMAXと言いますと、複数のプロバイダーが進展中のキャッシュバックキャンペーンが大賑わいですが、こちらのページでは、ホントにWiMAXは通信量が無制限で、お得になっているのかについて整理しております。

キャッシュバック時期の前に「契約を解約」なんてことになりますと、キャッシュは全く受領できなくなりますので、その点については、しっかりと留意しておくことが不可欠です。

モバイルWiFiルーターを選ぶという時に、必ずキッチリと比較すべきだと言えるのがプロバイダーです。プロバイダーが変われば、使用することができるルーターの機種であるとか料金がまったく異なるからです。

WiMAXと言いますと、昔も現在もキャッシュバックキャンペーンが支持を得ますが、ここに来て月額料金を引き下げることができるキャンペーンも人気抜群です。

凡そのプロバイダーが

凡そのプロバイダーが、メールを使用して「キャッシュバックを振り込みます。」といったアナウンスを送ってきます。買ってから長い期間を経てからのメールになるわけですので、見落とすことが多いと聞いています。

あんまり知れ渡ってはいないようですが、「ポケットWiFi」という単語はワイモバイルの登録商標であるわけです。それにもかかわらずWiFiルーターの1つだという理由の為に、現在では一般名詞の様に取り扱われていると言えます。

モバイルルーターに関することを調べていると、至る所で目に付くのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。いろいろと見ていくと、4万円を少し切るくらいの高額なキャッシュバックを用意しているところも見受けられます。

WiMAX2+を提供しているプロバイダーの月額料金(2年契約終了時までのキャッシュバックも考慮した合計金額)を比較した結果を、安いプランを提供しているプロバイダーから順にランキングスタイルでご案内中です。

自宅以外に、外にいる時でもネットに接続することができるWiMAXではありますが、現実問題として自宅でしか使うことはないと断言されるなら、WiMAXモバイルルーターよりも家庭用ルーターの方が良いと考えています。

「速度制限がどうして為されるのか…。

WiMAXの後継として市場投入されたWiMAX2+は

WiMAXの後継として市場投入されたWiMAX2+は、それまでの3倍もの速度でモバイル通信が可能だと言われています。更に通信モードをチェンジすれば、WiMAXとWiMAX2+はもとより、au 4G LTE回線も使うことが可能です。

モバイルWiFiをどの機種にするかを1カ月毎の料金のみで判断してしまいますと、損することが考えられますので、その料金に注意を払いながら、その他にも注意すべき事項について、事細かにご案内させていただきます。

モバイルルーターにも色々な機種がラインナップされていますが、それらの中でも顧客満足度ランキングで、毎回上位に顔を出すのがWiMAXになります。別のルーターと比較しましても回線速度が速いし、長時間ネットをする人に使っていただきたい一品ですね。

WiMAXは事実料金が割安だと言えるのか?利用のメリットや留意点を認識し、評判の格安SIM等とも比較した上で、「ホントに買うべきなのか?」についてお伝えしたいと思います。

ポケットWiFiと言いますのはソフトバンクの商標ということで登録されているのですが、普通は「3Gとか4G回線を使ってモバイル通信をやる」時に必要不可欠な小さいWiFiルーター全体のことを指すと考えていいでしょう。

WiMAXモバイルルーターについては

WiMAXモバイルルーターについては、種類がさまざまあるのですが、一つ一つ盛り込まれている機能に開きがあります。このホームページでは、各々のルーターの機能だったり性能を比較一覧にしていますので、ご覧ください。

モバイルWiFiの月額料金を特に低く提示している会社と申しますのは、「初期費用が高い」です。従って、初期費用も月額料金に加える形で判断を下すことが必要不可欠です。

「ポケットWiFi」と申しますのは、「ワイモバイルが提供するWiFiルーターすべて」というのが正しいのですが、「場所を選ぶことなくネットに繋ぐための端末すべてを指す」事の方が多いでしょう。

モバイルWiFiを利用するのであれば、できる限り出費を抑えたいと思うのではと考えます。料金に関しては月々支払う必要がありますから、仮に数百円位の差であったとしても、一年間で換算すると結構違ってきます。

「速度制限がどうして為されるのか?」と言いますと、通信用の回線に短時間に集中的なアクセスが為されると、そのエリアで通信機器類を使っている全契約者が、接続できなくなったり速度がダウンしてしまうからです。

3日で3GB分使用することはほとんどないので

いずれのモバイルルーターにも3日間3GBか1ヶ月間7GBの速度制限規定が設けられています。ただし極端な使い方をすることがなければ、3日で3GB分使用することはほとんどないので、それほど頭を悩ます必要はありません。

自宅は当たり前のこと、外出中でもインターネットに繋げることができるWiMAXですが、常に自宅でしか利用しないとおっしゃるなら、WiMAXモバイルルーターなんかよりも家庭専用ルーターの方をおすすめしたいと思います。

「モバイルWiFiを契約しようと思うけど、高速モバイル通信で有名なWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルのポケットWiFiのどっちにしようか決断できずにいる。」という人の役に立つように、双方を比較してご覧に入れたいと思います。

WiMAX2+も、通信エリアが間違いなく広くなってきています。言うまでもなくWiMAXの通信サービス可能エリアであれば、以前と同じモバイル通信が可能ですから、速度を気に掛けなければ、不自由を感じることはないと断言できます。

数カ月以内にWiMAXを購入するつもりなら、間違いなくギガ放題のWiMAX2+をおすすめします。通信速度が速いのは言うまでもなく、WiMAXのモバイル通信エリア内でも使えますから、他の端末よりも優秀ではないでしょうか?

UQコミュニケーションズがオープンにしているサービスエリアマップ

WiMAXが使用できるかどうかは

WiMAXが使用できるかどうかは、UQコミュニケーションズがオープンにしている「サービスエリアマップ」を利用すれば判定できるはずです。特定の地域につきましては、「ピンポイントエリア判定」を利用すればわかるはずです。

「速度制限なし」と謳っているのはWiMAXのみというイメージをお持ちかと思いますが、ワイモバイルにも通信方式の変更により、速度制限が実施されることなく使用可能な「アドバンスモード」という名称のプランがあります。

それほど知られてはいないようですが、「ポケットWiFi」という名前はワイモバイルの登録商標なのです。それにもかかわらずWiFiルーターの1つだという理由の為に、はっきり言って普通の名詞だと認識している人が多いようです。

オプションにはなるのですが、WiMAXのサービスエリア圏外でも、高速で著名なLTE通信を使用することが可能な機種も売られていますから、実際問題このWiMAXさえ持っていれば、日本の国内だいたいモバイル通信が可能です。

WiMAXの月々の料金を、できる限り安くしたいと思いながら検索しているのではないですか?その様な人のお役に立つように、月毎の料金を低く抑える為の方法をご紹介いたします。

モバイルWiFiルーターを選定する際に

モバイルWiFiルーターを選定する際に、必ず手を抜かずに比較してもらいたいのがプロバイダーなのです。プロバイダーが変われば、扱っているルーターであったり料金が丸っきし異なるからなのです。

モバイルWiFiを低料金で使うためには、勿論月額料金が重要になってきます。この月額料金を低く抑えた機種を選べば、将来に亘って支払う額も安くできますから、差し当たりそれを確認するようにしましょう。

WIMAXの「ギガ放題プラン」にしたら、ひと月毎のデータ通信量は無制限ですし、キャッシュバックキャンペーンを有効活用すれば、月額料金も3000~4000円程度に抑えられますから、最高のプランだと自信をもっておすすめできます。

WiMAXモバイルルーターと言いますのは、携行できるようにということで開発製造された機器ですので、ポーチなどに楽々入る小型サイズでありますが、使用する場合はその前に充電しておくことを忘れないようにしてください。

WiMAXと申しますと、昔も現在もキャッシュバックキャンペーンに注目が集まりますが、このところは月額料金をお安くできるキャンペーンも高評価です。

モバイルWiFiルーターに関しては

モバイルWiFiルーターに関しては、契約年数と1カ月毎の料金、それから速度を比較して決定するのが重要です。一方で使用する状況を予測して、通信サービスエリアを確かめておくことも必須です。

「ポケットWiFi」と言いますのは、「ワイモバイルが販売するWiFiルーターのことを指している」というのが原則的には正しいのですが、「外でもネットを出来る様にしてくれる端末全部を指す」のが通例です。

WiMAX2+というのは、2013年にスタートしたモバイル通信回線サービスなのです。それまでのWiMAXと比較しましても、通信速度などが速くなり、著名なプロバイダーが斬新なWiMAXとして、率先して販売しているのです。

「ネット使い放題プラン」でユーザー数を伸ばしているWiMAX。高速モバイル通信量の制限が設けられていないモバイルWiFiルーターとして重宝されており、導入も実に簡単で、プラン内容からみたら月額料金もリーズナブルだと言えます。

WiMAX2+の購入キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを謳っているプロバイダーが何社か見受けられますが、キャッシュバックをしていないプロバイダーも見られますので、気を付けなければなりません。

W03は文句なしにバッテリーの持ちが良い

WiMAXと言いますのは

WiMAXと言いますのは、モバイルWiFiルーターという端末の一種であり、家の中は勿論、外出している最中でもネット利用が可能で、その上1ヶ月の通信量も制限されていないという、今一番人気のWiFiルーターだと言い切れます。

モバイルWiFiルーターについては、契約年数と1ヶ月の料金、尚且つ速さを比較して選定するのが大事なポイントです。それから利用するであろう状況を見込んで、通信サービス可能エリアをリサーチしておくことも必要不可欠です。

自宅だけではなく、出掛けた時でもインターネットに繋ぐことができるWiMAXではあるのですが、もっぱら自宅以外で利用することはないとお考えなら、WiMAXモバイルルーターよりも家庭専用ルーターの方が良いと考えています。

WiMAX2+は、2013年に始まったサービスです。旧型のWiMAXと対比させてみても、通信速度などが速くなり、様々なプロバイダーが最新式のWiMAXとして、キャッシュバックキャンペーンなどを企画しながらセールスしている状況です。

ポケットWiFiと申しますのは、携帯さながらに1つ1つの端末が基地局と無線にて繋がりますので、手間のかかる配線などで苦労することがありませんし、フレッツ光ないしはADSLを契約した時みたいな回線工事も必要ないのです。

不安なく利用できます。

WiMAXについては

現在市場提供されているWiMAXモバイルルーターのラインナップの中でも、W03は文句なしにバッテリーの持ちが良いと言えます。長い時間充電できないという時でも、不安なく利用できます。

WiMAXについては、本元のUQのみならず、MVNOと言われる業者が販売しています。言うまでもなく通信速度や通信可能エリアが違うことはないと断言しますが、料金やサービスはバラバラです。

オプション扱いにはなりますが、WiMAXのエリア圏外の場合には、高速で有名なLTE通信が利用可能な機種も販売されていますから、実際のところこの機種さえ持っていたら、日本各地で大概モバイル通信ができるわけです。

モバイルルーターについては何種類もの機種が見受けられますが、そういう状況の中評価ランキングで、常に上位に来るのがWiMAXなのです。別のルーターと比較しても回線速度が速いし、毎日ネットに没頭している人に使っていただきたい一品ですね。

プロバイダーによっては、キャッシュバックを4万円に迫る金額にしているので、モバイルWiFi自体の月額料金が別のプロバイダーと見比べて高く設定されていても、「きちんと金額を弾いてみるとお得になっている」ということがあるわけです。

WiMAXモバイルルーターに関しては

WiMAXモバイルルーターに関しては、機種それぞれで4x4MIMO方式又はCA方式のいずれかの通信技術が採用されていると聞いています。感度が違うはずですから、そこを踏まえた上で、どの機種を買うことにするのか決めるといいと思います。

Y!モバイルまたはNTTドコモにおいて存在する3日間で最高1GBという制限ですが、1GBと言いますとパソコンで動画を見ると2時間くらいで達してしまうことになり、その段階で速度制限が掛かります。

今流行りのWiMAXが欲しいという人は少なくないと思いますが、「WiMAXとWiMAX2+の違いは何かが分からないままでいる」という人のお役に立てるように、その相違点をご紹介したいと思います。

一昔前の通信規格と比較してみましても、格段に通信速度がUPしており、多くのデータを一度に送受信可能であるというのがLTEです。今のご時世に相応しい通信規格だと考えます。

全く一緒のモバイルルーターだとしましても、プロバイダー別に月額料金は異なってきます。当サイトでは、評価の高い機種を“料金”順でランキングにしていますから、比較してご覧いただけます。